スポンサードリンク



データベースでのテーブル設計のコツは、分解することです。

データベーステーブル設計をする時の最大のコツは、

ズバリ!「分解すること」です。

一見、複雑な事でも、分解するとシンプルに考えることができます。

前回の「Step5・実践テーブル設計」の課題は出来ましたか?

出来た人は、テーブル設計の理解が出来ています。

今回は、出来なかった人のために、

テーブル設計のヒントとコツを掲載します。

↓以下の画像が、課題の基になっているスーパーの領収書です。

・領収書(レシート)
領収書

しかしこのままだと、要素が多すぎて、

何が重要なデータなのか、わかりません。

データベースの設計に慣れてくると、すぐに判断できるのですが。

きっとデータベース初心者には、難しく感じるでしょうね。

大事な事なので、何度も書きますが、

テーブル設計のコツは、分解することです。

レシートの画像を、分解してみてください。

分解したら、データをグループごとにまとめます。

それが各テーブルの原型になります。

では具体的にはどうするか?

レシートを印刷して、ハサミで切ってもいいし、

パソコンで完結したいなら、画像編集ソフトで、トリミングしてもOKです。

お好きな方法で。

分解したら、机の上か、またはパソコンの画面上で、

並べ替え、グループ分けするだけです。



スポンサードリンク






業務系システム開発初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。