スポンサードリンク



実際のデータで、データベースのテーブル設計をしてみよう。

OpenOffice.org Baseで、データベースのテーブル設計をする実践的な課題です。

今回は、実際のデータを使い、テーブル設計をしてみましょう。

以下の領収書(レシート)の画像は、ショッピングセンターで、買い物をした時のものです。

領収書

このレシートを、AccessやBaseのようなリレーショナルデータベースで管理するには、

どんなテーブルが必要か?考えてみてください。

今回は、Baseで考えてみましょう。

この課題が出来れば、データベースのテーブル設計を、ちゃんと理解していることになります。

もう売上管理システムが、作れるでしょう。

さらに応用すると、ネットショップも作れます。

ネットショップも、商品を販売するという意味では、基本的には店舗と同じだからです。

多少項目は増えるかもしれませんが、基本的には同じです。

【ポイント】
「取:#」は、伝票番号のようなものだとしましょう。名称はそのまま「取:#」で。

支払いは、現金や商品券、クレジットカードも使えるようにします。
また、複数の方法を組み合わせて、支払えるようにしてください。

ps:
これまでのステップで学んだことが、理解できていれば、
それほど難しくない課題です。

難しいと感じる場合は、ステップを戻り、もう一度読み返してみてください。
そこにヒントがありますから。

スポンサードリンク






業務系システム開発初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。