スポンサードリンク



データベースのテーブル設計について学ぼう。

OpenOffice.org Baseを使った業務系システム開発の
Step2では、SQL文の基礎を、
Step3では、実際のプログラムの中で、SQL文がどう使われているかを学びました。

ここまでのステップで、
テーブル、クエリー、SQL文の関係や、それらを扱う感覚が身に付いたと思います。

しかし、これまで使ったテーブルは、
私が設計し、あらかじめデータを入力しておいたものです。

何か気付きましたか?そうです。
実はまだ、あなたには実際の業務を、データベースのテーブルにする経験が足りません。

データベースのテーブル設計については、まだ知らないのです。

既にテーブルにされているものを、利用することは、もう大丈夫だと思います。

SQL文で、データを検索したり、追加、修正、削除もできるはずです。

でも現実の業務から発生するデータを、テーブルにすることのほうが、難しいのです。

そこで次のステップでは、以下の無料講座を利用して、テーブルの設計から学びます。

システム開発実践講座

上記の無料講座は、執筆が途中のため、テーブルの正規化が、完全ではありません。

つまりテーブルが未完成です。

でも、これまでに学習したデータベースのテーブルの構造を参考にすれば、
最後まで完成できるはずです。

上記のシステム開発実践講座は、Accessを前提に説明していますが、
あなたはBaseでテーブル設計を考えてください。

テーブルを完成させ、正規化とは何か?を理解できれば、
このステップの目標は達成です。

それでは頑張ってください。

ps:
AccessとBaseでは、テーブルのデータ型がちょっと違いますが、
対応するデータ型は、直感的にわかるはずです。

スポンサードリンク






業務系システム開発初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。