スポンサードリンク



OpenOffice.org Base でSQL文を実行する方法について。

業務系システム開発初心者入門講座では、SQL文の学習にも OpenOffice.org Base を使います。

以下はAccessのSQL文用に書いた講座なので、Baseで行なうには、ちょっとコツがあります。
Access SQL初心者入門講座

BaseでSQL文を実行するには、いくつか方法があります。

まず一つ目を説明します。

【1】Baseでクエリーの画面を表示します。

gsystem-01.gif


【2】「SQL表示でクエリーを作成」をクリックします。

gsystem-02.gif


【3】SQLの入力画面が表示されます。

gsystem-03.gif


【4】そこにSQL文を書きます。

SELECT PREF_CD, PREF_NAME FROM T01Prefecture;


gsystem-04.gif


【5】ツールバーの「クエリーの実行」ボタンをクリックします。

gsystem-05.gif


【6】すると、SQL文の結果が表示されます。

gsystem-06.gif

*もし表示できない場合は、「SQL コマンドを直接実行」ボタンをOFFにしてから、

gsystem-07.gif

「クエリーの実行」をしてみてください。


【7】次にツールバーの「デザインビューのオン/オフの切り替え」をクリックします。

gsystem-08.gif


【8】すると、自動的に作成されるクエリーを表示することができます。

gsystem-09.gif


この「デザインビューのオン/オフの切り替え」ボタンを上手く使い、学習を進めてください。

SQL文を実行するために、テストで作成したクエリーは、保存しなくてもかまいません。
(保存してもよいですが)


【補足】
重要なので何度も書いていますが、SQL文とクエリーは、表裏一体です。

SQL文を作成すると、裏側で自動的にクエリーも作成できます。
逆に言うと、クエリーを作成すると、裏側でSQL文が自動的に作成できるわけです。

例えば、SQL文の書き方がわからない場合は、先にクエリーを作成して、SQL文を確認したり、クエリーの作り方がわからない場合は、SQL文を作成して、クエリーを確認できます。

この方法は、業務系システム開発では、とても重宝します。ぜひ覚えておいてください。

SQL文やクエリーが複雑になるほど、きっと役立ちます。




スポンサードリンク






業務系システム開発初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。