スポンサードリンク



業務系システム開発をするメリットとは何?

業務系システム開発を、わざわざ社内で行なうメリットについて、最初で考えておきましょう。

得られるメリットが明確だったり、作りたい目標がはっきりしていると、
プログラミングやデータベースのスキルの習得が、はやくなるからです。

曖昧で何となく学習するのとは、効果が全然違いますよ。

仕事に業務系システムを導入することで、

今までより、
・仕事が楽になる
・時間短縮になる
・何倍もこなせる
・自動化できる
・コスト削減
・売上アップ
などのメリットが考えられます。

他にもまだまだあります。

また、それぞれの立場によっても、業務系システム開発で得られるメリットが異なります。

例えば社員なら、業務系システムで、仕事が楽になると嬉しいですよね。

時間短縮になれば、暇ができます。余裕が生まれます。
余った時間で、他の仕事を頑張るか、こっそりサボるかは、社員次第ですが(笑)

何倍も作業をこなせるようになれば、きっと仕事の評価も上がることでしょう。

自動化できれば、ボタン一つで、大量の仕事ができるかもしれないし。

経営者や管理職なら、コスト削減や売上アップの効果は、嬉しいものです。

極端な話、システム開発で仕事を自動化できるなら、人は要らないかも。

「おっと!それでは社員の仕事が無くなるから困るか。」

そこで余った人員は、新しい仕事や、儲かっている仕事にまわしましょう。

どちらにしても、これだけパソコンが安くなっている時代ですから、
(今は3万円くらいでも、そこそこのパソコンが買えます)



コンピューターにできることはPCに任せて、人間が得意なことに集中したほうが、
創造的で付加価値のある仕事ができますよ。



スポンサードリンク






業務系システム開発初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。