スポンサードリンク

データベースでテーブルの列になる項目を抜き出してみる。

データベーステーブル設計の列になる項目を抜き出してみましょう。

題材として使っているのは、スーパーの領収書を、

・領収書(レシート)
領収書

前回、分解してデータをグループごとにまとめましたね。

こんな感じになりました。

・会社情報に関する部分
業務系システム開発

・売上伝票の鑑部になる部分
業務系システム開発

・売上伝票の明細になる部分
業務系システム開発

これらが各テーブルの原型になります。

テーブルの列になる項目を抜き出す時のコツは、

基本的に計算で出せる部分を省くことです。

必要な時は、計算して表示すれば良いだけですから、
わざわざテーブルにデータを保存する必要がないからです。

例外としては、集計結果などをどうしても高速で検索したい時に、
処理に余裕がある時に、あらかじめ計算しておいて、
あえてデータを保存しておく手はありますが。

それではまず、会社情報に関する部分から、
必要な項目を抜き出してみましょう。

これは簡単ですね。

会社名、店名、TEL、FAX、URL(ホームページの事)の5つです。

Excelのような表計算ソフトに書き出してみると、
わかりやすく、テーブルのイメージが掴みやすいかも。

それでは売上伝票の鑑部になる部分、
売上伝票の明細になる部分についてもやってみてください。

計算で出せる部分は不要です。

スポンサードリンク






業務系システム開発初心者入門講座 TOPへ